学生がクレジットカードを持つときの審査について

学生はクレジットカード会社にとってはとてもいいお客さんです。カード会社としては学生のうちにカードを作って今後ずっと使い続けてほしいので審査は緩くなっています。

また親の収入や信用力については審査の対象になることもありますが、一般的には問題としないところが多く、学生であることで審査が通るようです。子供が学生であることは親にもそれなりの年収があるとみなされるためと思われます。申し込み時に、自分の年収(アルバイト)の欄は0円でも全く問題はありません。しかし次にあげるような場合は審査に落ちる可能性もあるので注意が必要です。

学生本人に過去の延滞の履歴がある場合

自分は今まで借金をしたことはないので延滞履歴はないと思っている方で、なぜ審査に落ちたかわからないという方はいませんか?うっかりしているのが、携帯電話料金の滞納です。携帯電話の機種代の分割払いをしている方は、本来なら携帯を購入した時に一括で端末代金を支払わなければならないところを、毎月代金を支払うまで携帯会社がお金を立て替えてくれていることになります。これは割賦販売契約すなわちローン契約をしていることになります。携帯料金を滞納すると電話料金の一部に含まれる端末の分割払いも延滞したことになってしまい信用情報に傷がついてしまうので注意が必要です。

 

  • 未成年の場合、親御さんに確認の電話が入ったときに同意が得られなかった場合

未成年の場合は親御さんの同意がないとカードは作れません。中には「学生なのにクレジットカードを作るのか・・・」と思われる親御さんもおられると思います。でももしあなたがクレジットカードを作りたいのなら、カードを持つメリットやデメリットを十分話し合って必要性を理解してもらうことが必要です。カードを作って、返済を滞納した場合は親御さんに迷惑がかかることもあるので、返済方法もきちんと説明して了解してもらうことが大切です。

 

  • 入会資格にあてはまらない場合

各カード会社によって入会資格があります。例えば年齢制限や高校生不可などです。他には日本国内に住んでいるかどうかや、カードによっては電話連絡がつくかどうかも入会資格にしているところもあります。(電話連絡がつくということは、電話料金をきちんと払うことができているとみなされるようです)

 

  • 申し込み内容に不備がある場合

申し込み内容は正確に記入漏れがないようにしましょう。当たり前のことですが記入内容は正直に書くことが大切です。